浦富焼 山下碩夫作 酒器揃

浦富焼 山下碩夫作 酒器揃

販売価格: 8,500円(税込)

数量:
■商品内容

徳利×1 盃×2

■商品説明

浦富では陶石が採石され、江戸末期から明治維新により廃藩になるまでの数十年間、染付の日用雑器が焼かれていました。

1971年の3月 山下碩夫氏と山下清志氏(現在 延興寺窯)が再興、浦富焼と名付けほんのりと青みがかった柔らかい色調の白磁「雪白瓷(ゆきはくじ)」を創作。

思い通りの白磁が出来た日の翌朝のこと深夜降りつもった雪に朝のおだやかな光がさしていました。やわらかで深く、うっすらと空の青さをとりこみ、やさしく光る その様に目指していた白磁の思いが重なりあい、雪白瓷と名づけたそうです。

こちらは山下碩夫氏作の酒器揃です。
もさえびをモチーフにして作られています。

他の写真